ホーム » 研究調査活動

研究調査活動


活動中の専門委員会

鉄道地上設備におけるパワーエレクトロニクス応用調査専門委員会

  鉄道の地上設備におけるパワーエレクトロニクス応用を現時点において体系的にまとめ,設備目的,制御方法,導入効果,今後の課題などを明らかにする。

    調査期間:2021年9月〜2024年8月(3年間)
    委員長:久野村 健(東海旅客鉄道)
    設置趣意書

鉄道の空転・粘着制御技術の体系化調査専門委員会

  鉄車輪とレールの間の粘着により加減速する粘着式鉄道における空転・粘着制御技術を振り返り体系化を行い,今後の空転・粘着制御の指針とするとともに,空転・粘着制御の性能評価手法についても確立する。

    調査期間:2020年6月〜2022年5月(2年間)
    委員長:牧島 信吾(東洋電機製造)
    設置趣意書

鉄道信号への先端安全技術・リスクマネジメント手法の適用に関する調査専門委員会

  航空宇宙など,高機能で高い安全レベルのシステムが求められる分野で開発,適用されている先端安全技術・リスクマネジメント手法について調査し,鉄道信号に適用するための条件を整理する。さらに,各種分野で応用が期待されているAIについて安全確保の視点から鉄道信号に適用するための条件を整理するとともに,これまで実績のある鉄道信号の安全技術とリスクマネジメント手法を含めこれらの体系化を行う。

    調査期間:2020年2月〜2023年1月(3年間)
    委員長:平尾 裕司(長岡技術科学大学)
    設置趣意書


技術報告

  これまでに発行された全ての技術報告はこちらからご購入いただけます。電気学会会員の方は,会員価格でお求めいただけます。